デュアル・カレンシー債

デュアル・カレンシー債とは、二つの通貨を用いる債券のことを指します。通常、払い込みと利払いの通貨が同じで、償還の通貨が異なります。
日本で販売されているものは、主なものは円建てで払い込み、そして利息も円で受け取りますが、償還は外貨というものが多いです。受け取ることのできる利子には為替リスクはありませんから、安定したインカムゲインを求める人にとってのメリットは大きいと言えるでしょう。これが一般的な外貨建て債券と比較した場合のメリットだと言えるでしょう。
しかしながら、償還に関しては為替リスクがあります。この点に注意しておかなければなりません。投資した資金を回収できないこともあるのです。円高になれば、円ベースでは損失を発生させることになりますから注意が必要です。
どのような場合に適しているのかというと、例えば1年後にドルを必要とする場合には、償還期間が1年のものを買えば良いのです。1年後にドルを支払うことが決まっているのであれば、1年間外貨預金として運用しても良いですが、日本円で安定して利益を得たいという場合には利子を円で受け取れるメリットは大きいと言えるでしょう。一般的な外貨建て債券よりも利回りが良いものもありますから、選択肢の幅は広がると言えるでしょう。

Comments are closed.