日経平均株価指数先物取引

金融先物の一つとして株価指数先物があります。これは株価指数を取引するためのものです。日本でもっとも取引が多く行われているものが日経平均株価指数先物取引で、これは大阪証券取引所に上場されています。「日経225」と言われることもあります。
他にもいくつかの株価指数先物が日本にはあるのですが、なぜ日経225が注目されているのかというと、その一つの理由は歴史が古いからです。対象としているのは日経平均で、この指数は日本でもっとも古くから産出されているものですから、一時的な不連続な点はあるとしても、長期間にわたる分析には適していると考えられるのです。
もう一つの理由は流動性の高さです。流動性が高いから取引されているというと、つまり多く取引されているから多く取引されているわけですが、大きな資金を動かす機関投資家にとっては、流動性の高さは非常に重要なものだと考えられるのです。日本だけではなくて、世界中から多くの投資家が取引を行っていますから、世界の中でも流動性の高いものだと考えられます。
このような理由から取引が行われているのですが、現物市場となった東京証券取引所ではなくて、デリバティブ市場となった大阪証券取引所が主な取引所となるのです。

Comments are closed.