オプションプレミアムと反対売買

ストックオプションとはいったい何なのかというと、ストックオプションとは株式会社の取締役や従業員が、ある程度の期間内にあらかじめ定められたプライスで会社から自社株を購入できる権利のことをいいます。このオプションは平成9年5月に導入され、平成14年4月施行の改正商法で新株予約権の無償に出すとして施行されたもので、新株予約権というのは、権利を持っている人が、企業に対し権利を行使すること、企業からあらかじめ決まられた条件で新株、もしくは企業が持っている自己株式を取得することができる権利です。新株予約権を無償で行うかどうかは、株主総会の決議で決定されるのですが、ここで可決されれば発行することになり、権利の行使期間は決議があってから1年以上から10年以内で、その期間内に反対売買することができます。ただしすでに株主になっている投資家にとっても決してメリットだけがあるわけではなく、新株予約権をリスクプレミアムで発行するということは、アット・ザ・マネーより低い権利行使価格で株式を発行することとなり、これは株式価値の希薄化につながっているので、既存の機関投資家にとっては非常に重大な問題となるので注意が必要です。

Comments are closed.