プットオプション

プットオプションは、売る権利のことを意味します。買うと言うことはその価格で売ることができるという権利を指します。いくらで売ることができるのかという価格を行使価格と呼びます。例えば1万円であった場合、1万円で売る権利を得ることになります。ですから、例えば市場価格が8000円であっても1万円で売ることができますから、市場で8000円で買ったものを1万円で売ることができ、差し引きで2000円分の利益を得る事ができます。もしも市場価格が1万円を超えた場合には、1万円で売った方が損ですから、この場合には何もありません。
プットを売る側は、買い手が要求したときにはそれに応えなければなりません。ですから、義務を負うと考えるのが分かりやすいです。
プットそのものに価格がつきますから、買う側はそれを支払わなければなりません。それを支払う代わりに権利を得ることができます。売る側は、価格分だけを受け取ることができますが、その代わりに市場価格がどうなっても売らなければならないという義務を負うことになります。
価格上昇リスクをヘッジするためには買うことが必要となります。リスクを負う代わりに利益が得られるのがプットの売りです。

Comments are closed.