商品先物

リスクヘッジのための金融商品として商品先物があります。「商品」というと、販売されている製品のように思われてしまいますから、「コモディティ」と呼ばれることもあります。
具体的には何があるのかというと、例えば貴金属があります。リスクヘッジというのは、つまり価格変動リスクを抑えるためのもので、将来的に売る、あるいは買うときの価格変動を抑えることができます。もしも1ヶ月後に金を買わなければならなかったときには、1ヶ月後に価格が高騰していると経営に関するリスクがあります。このリスクをヘッジするために、金先物を買っておくという方法をとることができます。
穀物も先物取引によってリスクヘッジができます。例えば、穀物価格が下落することによって利益を損失する可能性がある場合には、先に売っておくという方法をとることによって、将来的な価格下落のリスクを抑える事ができると言えるでしょう。
このように、様々なリスクヘッジに用いる事ができるというメリットがあります。投機的な取引に使う事もできるのですが、本来は価格変動リスクをヘッジするためのものだと考えられます。レバレッジもリスクヘッジのためのコストを抑えるためのものなのです。

Comments are closed.